借金で自殺 意外に多い

借金で自殺 意外に多いらしい

現在、日本国内でどこかで誰かが自殺したり交通事故で亡くなっています。

交通事故の場合は不可抗力ともいえますが、自殺は自らの意思で行動することで、それなりの理由があってのことです。
予想される理由の一つに借金苦があります。

 

最近では、返済しきれない借金は、債務整理の方法で楽になることができるとされています、どんな理由であれ、法律の前で債務整理をする勇気を持つことができれば、今の状況~の打開ができるとされています。
しかし、現実には到底払えない借金の前にただ立ち尽くしていて、そのまま亡くなる方もいます。
自分で死ねば、保険金が入るとか、もうこんな苦しみから抜け出したい、そんなことで死んでしまう。
これは当の本人はそれで良いかもしれませんが、その後遺族にとんでもない迷惑をかけてしまうことなどは一切考えていない自分勝手な行動です。

 

死んでしまいたいほどの借金がある方こそ、弁護士や法律事務所の相談窓口にいくべきです。
生活ができないほどの借金があったとしても、知り合いの連帯保証人になって他人の借金を被ったとしても、何かしらの解決法はあるはずです。
その勇気があれば、死ななくても良いのです。

 

とはいっても、自殺者の心は他人にはわかりません。
債務整理をしたら良いと言うけれど、自分が作ってしまった借金で他人に迷惑を書けるわけにはいかない、家の人には何も言わず、このままあの世に行ったほうが良いと思ってしまった場合、もう誰も止められないケースも多いのです。

 

金がない、もう死にたいよと他人に言える方はまだ良いのです。
問題は、誰にも相談ができずに悶々としていたり、破産をしてしまうことがこの世の悪だと本当に信じている方たちです。
債務整理をするくらいなら、死んだほうがましと本気で思っている方も少なくないのです。

 

借金苦で自殺した方の借金の額を見て、この程度なら債務整理でどうにでもなったというケースはとても多いのですが、そういう方はなかなか弁護士などに相談しないのではなく、できないのです。

 

借金地獄とも言いますが、生きて返済をしていくことはとてもしんどい場合もあります。
しかし、債務整理をすることで、その状況を変えていくことができる、それを言い続けて、借金苦くらいで亡くなる方は1人でも減らすことができれば良いのではないかと思われます。